忍者ブログ
International Day Against HOmophobia and Transphobia=IDAHOT=やっぱ愛ダホ!
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[101]  [100]  [68]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青森のメッセージ展が毎日新聞に載りました!
また、8月15日にはNHK(青森県内)夕方のニュースでもメッセージ展が報道されました!


◆セクシュアルマイノリティー:市民団体がメッセージ展--15日、青森で /青森
2010年8月12日 毎日新聞 地方版
http://mainichi.jp/area/aomori/news/20100812ddlk02040154000c.html


 ◇多様な性、「身近だと感じて」 理解深めて偏見解消を

 多様な性にYES!--。セクシュアルマイノリティーの生きづらさを解消していくための活動をしている弘前市の市民団体「スクランブルエッグ」が15日、青森市で「IDAHOメッセージ展」を開く。9月には弘前、八戸両市でも開催予定で、同団体の柳田創代表(32)は「セクシュアルマイノリティーは特別なものではなく、身近なんだということを感じてほしい」と呼びかけている。【矢澤秀範】

 IDAHOは毎年5月17日の「国際反ホモフォビアの日」(同性愛への差別などに反対する記念日)のことで、各国でさまざまなイベントが行われている。セクシュアルマイノリティーは人に言えず、悩みを抱えて自殺を考えたことのある人が6~7割いるという。学校や職場でのいじめも多い。

 メッセージ展では、今年のIDAHOに寄せられたメッセージやセクシュアルマイノリティーを紹介するパネルなどを展示したりする。多くの人に理解を深めてもらい、偏見などをなくすのが狙いだ。

 柳田さんはトランスジェンダー。体が女性で心が男性寄りだ。物心ついたときから、自分の体に嫌悪感があった。裸で入る保育園のプールでは端っこでうずくまり、小学生のときは水着になるのが嫌でなるべく見学した。女性のはずなのに好きになるのは女性。女の子扱いする親にも言えず、「自分を女と思うようにしていた」。

 高校2年の時、初めて自分の悩みを打ち明けられる友人ができた。すべてを受け入れてくれて少し心が軽くなったが、「自分は何なのか」という思いはそれからも続いた。痛み止めの薬を多量に服用し、自殺を試みたが未遂に終わった。手首を切ったこともある。「死にたいというより、何も考えたくなかった」

 両親に打ち明けたのは25歳の時。東京でパートナーと約2年付き合っており、「この先自分の生き方は変わらないな」と思ったから。親から勘当されたりするセクシュアルマイノリティーも多い中、両親は理解してくれた。父からは「今まで気付けなくてごめんね」と書かれた手紙をもらった。これを機に、生きづらさは解消されていった。

 柳田さんは08年11月に「スクランブルエッグ」を設立した。一人一人を一つの在り方に固めるのでなく、ありのままで幸せになれたらという願いを団体名に込めた。現在、県内中心に18人が所属し、機関誌「にじたま」の発行などをする。「自然に反しているという人もいるけど、自分たちも自然の姿。みんな幸せになりたいと思っている」と話している。

 昨年9月、弘前市で文化団体などが活動を紹介する「カルチュアロード」に初出展した。関心を持って話を聞いてくれる人がいる一方、「見ちゃだめ」と子供の手を引く人も多く、偏見はまだまだあると痛感したという。

 今年はカルチュアロードを含めた県内3市でメッセージ展を開く。柳田さんは「セクシュアルマイノリティーはどこにでも生まれる。独りで悩んでいる人の近くに行きたい」と話している。

   ◇  ◇

 メッセージ展は15日午前10時~午後8時、青森市新町のアウガ5階カダール研修室で。9月12日午前9時半~午後3時、弘前市の土手町通りで開催されるカルチュアロード▽26日午前9時半~午後4時、八戸市庁前広場であるボランティア・市民活動フェスティバルにも出展予定。いずれも無料。同団体のホームページはhttp://gochamazetamago.main.jp/

==============

 ■ことば

 ◇セクシュアルマイノリティー

 性的少数者。身体上の性的特徴や性別の自己認識、性的指向などが典型的な男女と異なる人たちの総称。▽性同一性障害者(トランスジェンダー)▽同性愛者(ゲイ・レズビアン)▽両性愛者(バイセクシュアル)--などがある。人口の3~5%に存在するとされる
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
やっぱ愛ダホ!Idaho-net.
性別:
非公開
自己紹介:
5月17日は「多様な性にYES!の日」。「多様な性」を生きる私たちの声を届けるべく、全国各地でアクションを企画しています。本当のキモチを伝えられる社会に。
ブログ内検索
カウンター

Copyright © 5月17日は「多様な性にYESの日」! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]