忍者ブログ
International Day Against HOmophobia and Transphobia=IDAHOT=やっぱ愛ダホ!
2017/05月

≪04月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06月≫
[85]  [84]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「多様な性にYES!」のひとことメッセージ募集に加え、第二弾の募集テーマは・・

やっぱ愛ダホ!2010 メッセージ募集第2弾
「Break The Barrier!! あなたのバリアが壊れたとき」


自分が作る心のバリア、
社会が作る「私」へのバリア、
目に見えるもの、見えないもの、いろんなバリアがあるけれど。

ふとした拍子でバリアが壊れ、新たな地平が見えた経験ありませんか?
今まで気付かなかったことに気付いた瞬間ありませんか?

「やっぱ愛ダホ!2010」では「多様な性にYES!」と一緒に
「Break The Barrier!!」をテーマとしたメッセージも募集します。
この言葉に触発され、書きたくなったメッセージをお寄せ下さい。

★お寄せくださったメッセージは5月15日~17日に街頭で朗読されたり、
それ以降のメッセージ展やWeB公開を行う可能性があります。
個人情報の開示レベルにご注意ください。

【応募フォーマット】
1.IDAHOネーム(当日メッセージとともに読まれてもいい名前)
2.住んでいる地域/肩書き(学生、会社員など)
3.「Break The Barrier!!」メッセージ

【書き込み先】
●「やっぱ愛ダホ!」ブログ (コメント欄)
http://yappaidaho.blog.shinobi.jp/Entry/79/
●mixi「やっぱ愛ダホ!」コミュ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=52855028&comm_id=4849871
〆切は5月14日(金)夜12時。

「Break the Barrier!!」キャンペーンイメージ映像


■出演:細川紘未(TOKYOマイムシティ) →
http://www.hosokawahiromi.net/
■撮影場所:パフスペース →
http://www.pafspace.com/
■監督:akaboshi →
http://akaboshi07.blog44.fc2.com/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
ん~
1.創
2.弘前/田舎人
3.できないって思い込んでたことがある。でもそれすら受け入れられなくて、「できないんじゃない、したくないんだ」って思うようにしてた。
僕は自分をがんじがらめにして閉じこもってたんだ。
でもある日、ちょっとした出会いで不意にバリアが破られた。
そこから出た世界は、すごく希望と不安に満ちていて、
わくわくする気持ちと、怖くてしようがない気持ちで、毎日暮らしてる。
きっと楽になるなんてことはないのだと思うけど、やれるだけやって、満足して生きていきたい。
URL 2010/05/08(Sat)15:55:39 編集
二番のり!
だれもが、大切なものを守るためにバリアをつくっている。

「多様な性、多様な生き方にYES!」と改めて言わなくちゃいけない社会で、たぶん、だれもが傷ついている。

誰もが、なりたいものになればよいし、何者にもならなくていい。愛しあえればいい。だけど、生きてくことは、そんな簡単じゃない。

何かにさせられて、なりたいものには手が届かなくて、これが自分だと叫んでも、かえってバリアに取り囲まれてしまう世界。自分が正しいと信じようとして、ますます息苦しくなってしまうことすらある。

バリアがなくても大丈夫だって思いたい。思わせてほしい。そのためのきっかけを、ずっとずっと探している。セクシュアルマイノリティの私からだけじゃなくて、向こうから聞こえてくる音を待っている。
まめた 2010/05/08(Sat)21:49:00 編集
て、訂正!
フォーマット無視しちゃったので再投稿(スタッフなのにゴメンなさい。笑)

1 まめた
2 横浜市の大学生
3 だれもが、大切なものを守るためにバリアをつくっている。

「多様な性、多様な生き方にYES!」と改めて言わなくちゃいけない社会で、たぶん、だれもが傷ついている。

誰もが、なりたいものになればよいし、何者にもならなくていい。愛しあえればいい。だけど、生きてくことは、そんな簡単じゃない。

何かにさせられて、なりたいものには手が届かなくて、これが自分だと叫んでも、かえってバリアに取り囲まれてしまう世界。自分が正しいと信じようとして、ますます息苦しくなってしまうことすらある。

バリアがなくても大丈夫だって思いたい。思わせてほしい。そのためのきっかけを、ずっとずっと探している。セクシュアルマイノリティの私からだけじゃなくて、向こうから聞こえてくる音を待っている。

まめた 2010/05/08(Sat)21:51:27 編集
バリア、かー・・
1.やすよん
2.東京、田舎の中の都会/週5で大学に通う4年生
3.高校の授業で知った言葉、「セクシュアル・マイノリティ」。講師さんのカミングアウト。パレードでの恩師との再会。目の前の「当事者」が、私が疑問を聴いて、真剣にじっくりお話してくれた事。これは、「セクマイなんて、聴いた事のない見えない存在」だった私のバリアが消えた瞬間。
身近な人へのカムはすごく考えもの。無理にしてほしくはない。ただ、あなたにできる事は、何かをカムされたら、じっくりと考えてお話してほしいって事。カムする時は、怒らず聴いて答えてほしいって事。さまざまな人との、さまざまな場所での、さまざまな話題での対話・・それが求められているんじゃないかな。


今回は文字制限なしでしょうか??
長かったらカットしてくださいね!
いよいよですね。楽しみにしてます!
やすよ 2010/05/08(Sat)22:38:16 編集
あい
1.黒猫
2.神奈川/学生
3.こんなにも広い世界なのに、自分の全てをさらけ出せる場所が何処にもない。見えないバリアが怖い。バリアの破り方、毎日、毎日、探している。

Break the Barrier.
世界が笑顔で満たされるために。

体と心にバリアフリーを。
すん 2010/05/08(Sat)23:51:59 編集
メッセージ
1.ちせ
2.京都/学生・メイド
3.2008年の関西レインボーパレードに、友人に誘われて行ってから、世界が変わりました。
それまでは、ジェンダーに関して思うところがあっても、セクシュアリティについてはあんまり考えたことがありませんでした。
関西レインボーパレードを知って歩いて、いろんな人に出会ってお話をして、目からうろこが落ちました。
それまで当たり前だった世界も、私自身のあり方も、それがきっかけでどんどん変わっていった。

わたしは女の子も好きになるんだ、わたしは女の子でいたいんだ、「普通」なんてほんとは存在しないんだ。

そして、それまで知らなかった多くの友人の別の側面を知りました。
友人の悩んでいることについて、それまでいかに無関心でいたか、軽んじていたかを知りました。

バリアを壊すのって、すごく難しい。
ほとんどのバリアって、見えないもので、しかもすっごく硬い。
でも、崩れるときは一瞬だったりもすることなんだなぁと、自分の身をもって知りました。

少なくとも、わたしが見えてないバリアはたくさんあるって知ったのも、一つバリアが壊れたからかなと思います。
ちせ 2010/05/09(Sun)00:49:10 編集
メッセージ
1.瀧川の姉御
2.神戸市在住の大学3回生
3.
姉御、それは高校時代のあだ名。
きっと、皆は気づいていたんだよね?(笑)
そんな皆に一言だけ言わせてほしい。
ありがとう!!
僕を正確に表すのにはちょっと不適切だけど、
(ゲイだけどオカマじゃないから・笑)
違う生き方を受け入れてくれている様な気がして、
とても嬉しかったな。
社会からの壁が薄くなっていっている気がする。
もっともっと薄くなって、いつか消えたらいいな。
そしたらきっと、もっと楽しい。
瀧川の姉御 2010/05/09(Sun)01:09:43 編集
バリアが壊れた瞬間
1.ユタカ
2.埼玉県/大学生
3.レズビアンなんて、誰もわかってくれない、だったら一人で生きよう。
誰も信じない、バリアを張って生きてた大学生活。

「家族」のテーマの講義がつらくて、授業中泣きだした。
その足で、信頼していた先生の研究室に駆け込み、また泣いた。

今となっては良い思い出。
そう思えるくらいに、友人へのカミングアウトで少しずつバリアが壊れてきた私に、先生からのメッセージ。

「セクシュアリティで差別されない社会は作れる。あなたがそうしてあなたらしく、生きていることが一番の証明だよ」

そうだ、私がもっと胸を張って生きていこう。
そしてセクシュアリティのバリアを自分から壊していけばいいんだ。
堂々と生きよう!
社会のバリアなんかに私は負けない!

自分が張っていた全部のバリアが壊れた瞬間。
次に壊すのは社会のバリアだ、待ってろよ!!
ユタカ 2010/05/09(Sun)23:17:29 編集
バリア無!?
1,あつひろ
2,埼玉/デッカイ高校の3年生
3,
家で、学校で、プライベートで、
いつどんな時も、自分を偽ってしまわなきゃいけない状況が嫌だった。
偽ってしまう自分が嫌いだった。
そんな時、君が言ってくれたね。
「ゲイだって、別に嫌いになんねーょ!気にすんな!」
って・・・
「自分に自信を持て!それだけで変われるはず!」
って・・・
だから、俺は、
学校でカミングアウトすることが出来たんだ。
君がいてくれたから、君に会えたから、
俺は、勇気を振り絞ってカミングアウトした。
「お前はお前。ゲイだろうがそれは変わらない」
って、言ってくれる生徒も出てきてくれて、
カミングアウトして良かったって思う。
陰口してる人もいるけれど、
君がいるから、俺は、耐えられる。
だって、
君は、いつでも、どんな時でも、
助けてくれるから。
ありがとう。
あつひろ URL 2010/05/10(Mon)22:15:29 編集
メッセージ
1.うめろう

2.大阪/会社員

3.自分が同性を好きになることに悩んでいた時期、異性愛者に対して壁を感じていました。でも、自分にも揺らぎがあること、異性愛者だと思える人にも揺らぎがあることについて知った時に、自分の中にあった他人との壁がなくなりました。同じ人間である限り、理解し合える可能性があると信じています。
うめろう 2010/05/10(Mon)22:19:42 編集
Break the Barrier

千葉県/学生
僕がカミングアウトする時、それは嫌われるためだった。僕はあなたが期待するような人間じゃない、と思い知らせるためだった。
でもあなたは僕のことを嫌わなかった。男でも女でもない僕を愛してくれた。
僕はもう籠の中の鳥じゃない。外はなんて自由なんだ。
ありがとう。僕は幸せです。
2010/05/12(Wed)19:01:31 編集
コメント
1.愛浬

2.青森/たまご社会人

3.今はまだ、バリアがないと生きていけません。
会社や世間の中でバリアを解くことは、自殺行為なんです。
私は、私が生きやすくするために、きっとこれから先もバリアをはり続けるでしょう。



あれ?趣旨がずれちゃいました??(。・ω・。)
しかも、結構ダークな感じになっちゃいました??(爆)
まずかったら、不採用でお願いします(∩∇`)
愛浬 2010/05/12(Wed)22:15:14 編集
Message
1. RAIN
2. 東京都/大学生
3. 私は、自分が同性愛者だということを誰にもカミングアウトできていません。つまり、バリアが張られた状態です。いつか、カミングアウトできるようになりたい。そう思いながら今を生きています。
RAIN 2010/05/14(Fri)12:17:17 編集
募る思い
1.まいと
2.名古屋 / 夢クリエイター
3.どうして分かってもらえないんだろう?
  どうして気づいてもらえないんだろう?
  どうしてが交錯して、
  実は自分が分かろうとしていなかった。
  でもほんとは気づいてたんだよね?
  だからほんの少し前にでてみるんだ。
  自分と向き合い受け入れるために。
まいと 2010/05/14(Fri)16:08:39 編集
生きよう!
1.のぞみ
2.東京/会社員
3.自分のセクシュアリティに気づいたとき、死ぬしかないと思った。
生きていてはいけない存在だと思った。だが、自殺は未遂に終わった。

生きていていいんだ、そう思えるまでに10年かかった。
今このとき、命を絶とうとしている仲間がいる。
「生きているつらさ」「死んで楽になりたい気持ち」
ひとりで抱え込まないでほしい。

一緒に考えよう。生きのびる方法を。
一緒に悩もう。心の重荷を軽くするために。
独りじゃない、そう思える社会にしよう。
のぞみ 2010/05/14(Fri)16:19:53 編集
message

初めてカミングアウトした友達と、去年の5月17日、新宿で会いました。

初めてバリアをはずせた大切な人です。

1年経った今。そんな友達がいてくれるから、私は「レズビアンでいていいんだ」という自信が持てます。

ありがとう。ずっと大好きだよ



あんぬ 2010/05/14(Fri)20:51:23 編集
マイノリティーでいい
私はマイノリティーのままでいい
トランスの誇りを持って生活したい
ジェンダーフリーの実現を目指して
URL 2010/05/14(Fri)22:46:26 編集
バリア・・・
1アキト
2名古屋の外大生

自分の性を自覚してから人を信じられなくなった
僕がFTXの中性だって分かったら皆に嫌われると思ったから
「気持ち悪い」、この単語が嫌で僕は人を信じなくなった
これが僕の一種のバリア
 
だけど、たった一人だけ
僕の性を知っても受け入れてくれる子がいた

僕のバリアにひびが入った

無条件に彼女を信じることができるようになった

僕のバリアはまだまだ消えないけど
いつか受け入れられるとき
僕のバリアはすべて消えるんだ
アキト 2010/05/15(Sat)00:01:09 編集
バリアフリー!
バリアフリーな世の中は平和な世界。
一昔前は言いました「女性とゲイが平和を作る」。
今は言いたい「セクシュアルフリーな考えの人たちが平和をつくりだしていく!」
ジェンダー、性的志向の壁を超えて。
男性的でも女性的でもなく、男性的でも女性的でもある考えを肯定できる「進化」した人たちこそが、男性中心の社会をたたきこわすんです。
葉月 2010/05/15(Sat)12:51:54 編集
無題
先ほどのコメントは名前は葉月
名字は池田

千葉県
ふきしま教会牧師

高校国語教師

がお送りしました。

失礼しました~
葉月 2010/05/15(Sat)13:02:00 編集
無題
1.秋(あき)
2.神奈川/会社員
3.自分がゲイである時点で社会と壁があることが普通だった。
確かにそれで傷つくことも多い。
傷つくのが嫌で、自分を否定して生きてきた時期もあった。
けど、ある人に「否定して逃げても何も変わらないよ?そういうの全部ひっくるめてあきなんじゃないの?」って言われた。
自分を拒み続けてきた自分がバカらしくなった。
例え、社会に認められなくても良い。
人間は理解できないものを否定する生き物だから。
でも自分だけは否定しないでいたい。

自分自身を認めてあげること。
それだけで変われる。
社会との壁はなくならないかもしれないけど
本当の自分との壁は認めてあげるだけで
きっと無くなると思う。

だから自分自身を否定したりするのだけはやめてほしいなって思う。

もう閉め切られてる知ってますけど
何かを伝えたくて書かせてもらいました
2010/05/15(Sat)17:31:33 編集
て、訂正
何度もすみません

メッセージ担当本部の方へ


性的志向性的指向

男性中心社会男性健常者中心社会

に直しておいてください。。

葉月
葉月 2010/05/15(Sat)18:29:11 編集
Cialis flipphome tripod com link online html purchase
One reviewer put it this way: “I took it about an hour ahead of time and an hour-and-a half after eating.
<a href=http://nationaldjday.com/shop.php?p=/buy-canadian-sildenafil.php>Buy canadian sildenafil</a>

Hunting and Gathering in the Wild It's time to look to nature to help feed you.
wuresowamev64 URL 2015/08/06(Thu)15:05:38 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
やっぱ愛ダホ!Idaho-net.
性別:
非公開
自己紹介:
5月17日は「多様な性にYES!の日」。「多様な性」を生きる私たちの声を届けるべく、全国各地でアクションを企画しています。本当のキモチを伝えられる社会に。
ブログ内検索
カウンター

Copyright © 5月17日は「多様な性にYESの日」! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]