忍者ブログ
International Day Against HOmophobia and Transphobia=IDAHOT=やっぱ愛ダホ!
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[26]  [24]  [19]  [23]  [20]  [22]  [21]  [15]  [8]  [18]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

同性愛について、差別的・嫌悪的な考え方のことを「ホモフォビア」といいます。

これは、レズビアン・ゲイ・バイセクシュアルの人たちにとって、生きることの欲望を否定してしまうような、社会に根強い暴力です。そして、トランスジェンダーの人にとっても同様に、非常にやっかいな問題です。

「同性愛みたい、といじめられたことがある/からかわれたことのある」人は多いはず。さらに、「そういう場に居合わせたことのある人」はもっと多いはず。異性が好きな人たちも、ホモフォビアの影を怖れているのではないでしょうか?

ホモフォビアには「内なるホモフォビア」と「外なるホモフォビア」の2つが存在するとわたしたちは思っています。

世間で言われる「同性愛っぽい」に、自分自身が該当していることに気づいたとき。

「自分は同性愛なんて変態じゃないんだ!」
「こんな人間、自分一人だったらどうしよう」
「人間のクズかもしれない。生きていていいのかなぁ。」

などなど、自己否定や、そんな自分の感情に価値を見出せなくなることがあります。

ましてや「同性愛っぽい」気持ちが、とても大切だったり、自分ではどうしようもなかったりすると、それは深刻な事態となります。これが、性的マイノリティーを苦しめる「内なるホモフォビア」です。

同性愛っぽい面を持っている人が「自分はそんな変な人間じゃないんだ」と証明しなければ、落ち着かないとき。他の「同性愛っぽい」人を攻撃するのも「内なるホモフォビア」の表れだったりします。

「外なるホモフォビア」というのは、性的少数者以外の人から性的少数者に対して偏見の目で見られることです。「あの人、ホモ(レズ)なんだってよ」とか「あの子、オカマみたいね」とか「女のクセに男みたい」などという言葉を投げつけられることです。

性的マイノリティのひとが、このような言葉が耳に入ってきたときにどのように感じるか、あなたは考えたことがありますか?

社会からの刷り込み故に「自分はオカシイんじゃないか?」とココロを蝕む「内なるホモフォビア」。
自然に振まいたいだけなのに、自分を出した瞬間叩かれてしまうような「外なるホモフォビア。」

あなたが「自分は傷ついている」と感じたら、ホモフォビアがない世界を想像してみましょう。
あなたが「自分は傷ついていない」と感じたら、常にホモフォビアにさらされる日常を想像してみて下さい。

ホモフォビア、あなたはどう思いますか?
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
やっぱ愛ダホ!Idaho-net.
性別:
非公開
自己紹介:
5月17日は「多様な性にYES!の日」。「多様な性」を生きる私たちの声を届けるべく、全国各地でアクションを企画しています。本当のキモチを伝えられる社会に。
ブログ内検索
カウンター

Copyright © 5月17日は「多様な性にYESの日」! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]