忍者ブログ
International Day Against HOmophobia and Transphobia=IDAHOT=やっぱ愛ダホ!
2017/07月

≪06月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08月≫
[19]  [23]  [20]  [22]  [21]  [15]  [8]  [18]  [11]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08年度のIdaho-net.の活動は、Sonyマーケティング学生ボランティアファンドからの助成金を支えにして行われます。これでステッカーを売り歩く必要性は少し軽減されたかも??(笑)
助成金をゲットするまでの経緯をちょっとだけご紹介しましょう。

====
2007年10月頃、東京ボランティアセンターのHPを見ていたら、たまたま助成金の応募広告をかけていたのがsonyマーケティング学生ボランティアファンドでした。「学生が中心となってやっている非営利活動が対象」「10万円以下のコースもある」ということ。07年度のコアメンバーの多くが学生だったことを受けて、もしやと応募をすることをメンバー内で相談。「やってみよう」と決まります。

さっそくエントリー用紙をダウンロード、必要事項を記入。A4用紙が2枚程度の提出書類で、添付資料はA41枚までOKなのだそうです。抱負を書くところでは「~したい」とはかかず、全部「~する」と書くかなりの強気ぶりを発揮。それをメンバーが学校の図書館で完成させ、07年度の新聞コピーとともに提出です。ちなみにそのとき使用した「のり」「はさみ」は司書さんの好意により貸してもらいました。(司書さんありがとう)

締め切りが11月16日、発表は12月20日。正午に図書館にかけていくメンバー、いまだHPが更新されていないという不意打ちをくらい、「更新」ボタンを連打するも、発表されず。夜になってもう一度見てみると応募結果がでており、見事通過していた!ということで大喜びでした。

このときの講評にも

>>国内を拠点とする活動では、昨今の社会的課題である「環境」「子供・教育」をテーマとする活動はもちろんのこと、これまで社会の隙間に置かれた草の根活動やジェンダー問題のような難しいテーマに取り組むなど、学生ならではの自由でユニークな発想が見られ、国内でもまだまだやるべきことがあると気付かされます。

と、言及されていて、ちょっと感動しました。ちなみにいただいた助成金は、申請したとおりの72000円です。Sonyさん、どうもありがとうございます!!
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
やっぱ愛ダホ!Idaho-net.
性別:
非公開
自己紹介:
5月17日は「多様な性にYES!の日」。「多様な性」を生きる私たちの声を届けるべく、全国各地でアクションを企画しています。本当のキモチを伝えられる社会に。
ブログ内検索
カウンター

Copyright © 5月17日は「多様な性にYESの日」! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]