忍者ブログ
International Day Against HOmophobia and Transphobia=IDAHOT=やっぱ愛ダホ!
2017/10月

≪09月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11月≫
[143]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [142]  [141
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※6月29日(土)上映会はこちらから

※好評につき、事前予約席は満席となりました。申し込まれていない方、当日席は若干しか残っていないため、先着順でのご案内となります(立ち見の可能性もあります。ご了承ください)


東京での上映会のお知らせです。

『Call Me kuchu ウガンダで、生きる』

上映会 in 東京 (5月18日)


 

これは遠い国のことなのか、それとも私たちの別の姿なのか…。

2009年、アフリカ中部のウガンダでは、LGBTを死刑にできる法案が議会に提出された。
民衆の差別感情を煽り立てるメディアや政治家と、それでも自らの存在を確かめ今日を生きのびる当事者たち。
神という名の暴力と希望……。

日本でも、国際的な署名サイトの呼びかけが一部のネットで話題になった(ひょっとしたらあなたも覚えているかもしれない)。
奪われていく日常を、私たちが「救える」かはわからない。
それでも、彼らの物語を「ともに味わう」ことはできる。

ウガンダで生きる等身大の彼らに、会いにいこう。
 
★上映スケジュール

2013年5月18日(土)
16時から17時40分
※ 上映後にプチトークショー(翻訳チームの大学生らを交えて)あり

★会場
早稲田奉仕園 you &Iホール
(アクセスはこちら。最寄駅は東西線早稲田駅)

★チケット
一般1500円
学生/定期収入のない方 1200円

★申し込みのオススメ
席数が限られておりますので、当日は事前に予約いただいた方を優先にご案内いたします。
ご希望の方はこちらのメールフォームからお送りください。
※事前予約のない方は先着順となります。

予告編はこちら(英語字幕のみ)
 


★主催

「Call Me Kuchu」上映会実行委員会

★協力
 やっぱ愛ダホ!idaho-net.
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
プロフィール
HN:
やっぱ愛ダホ!Idaho-net.
性別:
非公開
自己紹介:
5月17日は「多様な性にYES!の日」。「多様な性」を生きる私たちの声を届けるべく、全国各地でアクションを企画しています。本当のキモチを伝えられる社会に。
ブログ内検索
カウンター

Copyright © 5月17日は「多様な性にYESの日」! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]