忍者ブログ
International Day Against HOmophobia and Transphobia=IDAHOT=やっぱ愛ダホ!
2017/02月

≪01月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03月≫
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現在のブログでは手狭になったので、新ホームページに移行します。

かっこよくなった新しいサイトはこちらです!

5月17日は多様な性にYESの日

どうぞよろしくお願いします!
PR

うれしいご報告です!!

昨日、日本記念日協会から正式な合格通知があり、
5月17日が「多様な性にYESの日」として、公的にも認められることになりました!

登録料カンパ大作戦や広報の呼びかけなどで、ご協力いただいた皆様、
またこれまで日本のIDAHOを盛り上げてきてくださったすべての方に、感謝申し上げます!!

1990年5月17日にWHO(世界保健機関)が同性愛を精神疾患のリストから削除してから20数年。
いまや世界100か国で記念されているこの日を、日本でももっと知ってもらえるように、願いをこめて。このたびは、本当にありがとうございました!

明日はいよいよ5月17日、”多様な性にYESの日”です
国連人権高等弁務官事務所からyou tubeでメッセージをいただきました!!




途中、潘 基文事務総長からのメッセージもあり、パワフルです。
今年のIDAHO-T(international day against homophobia and transphobia)は世界100か国以上でアクションが持たれているとのこと。世界各国で、同時にアクションがあるのは心強いです。

先日、公表されたILGA世界地図(日本版はこちら)によれば、同性愛者が死刑になるのは「5カ国とナイジェリアおよびソマリアの一部」、禁固刑になるのは「73カ国および5地域」。世界中のアクションが実を結び、状況が前進していくことを願います。



創刊号から1年経っての発行となりましたが、先日「やっぱ愛ダホ!idaho-net」のニュースレターの第二号が完成しました!

前回に引き続き、各地の活動報告(写真つき、豪華!)やアフリカにあるボツワナという国のLGBT団体に実際に参加した方の手記まで、いろいろ盛りだくさんとなっております。



入手を希望される方は、各地の「やっぱ愛ダホ!」関係団体のイベントで300円で購入することができるほか、賛助会員(年会費3000円)になることで自宅へとお送りすることが可能です。会員になると、ニュースレターの発行時に「おまけ」がついてきます。私たちの継続的な活動のためにも、ぜひご支援いただけると幸いです☆

なお、当初は「年数回の発行」を目指していましたが、年一回の発行ペースとさせていただいたこと、2012年度会員のみなさまには事後報告となってしまったことをお詫びさせていただきます。
今後とも、変わらずご支援いただけるとうれしいです。

全国各地で「多様な性にYES!」を、ずっと届けていくために。
「ほんとうのキモチ」を伝えられるつながりを、もっと広めていくために。


年間3000円で、この活動を支えることができます!

みなさんのお力を、ぜひお貸しください。

★賛助会員になって「愛ダホ」を応援しよう!

「やっぱ愛ダホ!idaho-net」は2007年の結成以来、全国の様々な都市で「多様な性にYES!」の想いを発信してきました。街頭アクションやメッセージ展、交流会を通じて各地に出来てきたネットワークは、少しずつ、確実に地域社会や、個人の人生に変化をおこしつづけています。

この活動を続けていくために、ぜひ賛助会員になって、一緒に変化を起こしてください。

※ 賛助会員になると、以下の2つの特典があります。

(1)年1回のニュースレターが郵送される。 

全国各地で「やっぱ愛ダホ!」に関わっている人たちの情報や、各地のつながりを体感できるニュースレターが郵送されます。このニュースレターは、各地のイベントで販売されていますが、賛助会員になると「ふろく」がついてきます。「ふろく」は各地の団体が発行しているフリーペーパーや限定グッズなどです。
※年数回から変更しました。ご了承ください(2013年2月)。

(2)「やっぱ愛ダホ!」を応援できます! 
いわずもがなです(笑)

★賛助会員になるには・・・

idaho_net@yahoo.co.jp に「送り先住所・氏名・ふりこみ口座名義」をメールをし、
以下の口座に3000円をお振り込みください。なお、カンパも歓迎します!

【ゆうちょ銀行からお振り込みの方】
※店名・店番の入力、または記入は不要です
銀行振込先: ゆうちょ銀行 普通口座
受取先口座番号 :記号 14040 番号 6794351
受取先加入者名 :やっぱ愛ダホ!idaho-net

【他の金融機関からお振り込みの方】
銀行振込先: ゆうちょ銀行 普通口座
支店名 :408
口座名 :やっぱ愛ダホ!idaho-net
口座番号:0679435

※領収書は発行しません。ご了承ください。

※寄付をいただいた方のご氏名などを外部に公開することはありません。
また、個人情報の取り扱いは厳重に行います。

※封筒には発送先住所のみ記載します

※会計報告については、年に一度ブログとニュースレターにに掲載させていただきます。2011年度の会計報告はこちら

みなさんのご協力をお待ちしております!
2011年度の「やっぱ愛ダホ!」開催地が10日締め切りで決定しました☆

(締め切りをすぎても、開催地応募は間に合いますので、自分の街でやろうかどうか迷ってる方、ぜひご検討くださいませわーい(嬉しい顔))

→開催地の応募はこちら

カチンコ
4月20日の時点で、現在確定している今年の開催地は・・
 
東北エリア: 青森、岩手
関東エリア: 新宿、立川、、中野、船橋、千葉、埼玉
東海エリア: 浜松、名古屋
関西エリア: 京都、大阪(new!)三宮、西宮
中国・四国エリア: 広島、愛媛
九州エリア: 福岡

全国17箇所になります。
 

5月17日付近の街頭アクションだけではなく、
メッセージ展の開催や、関連トークイベントの実施など、
各開催地で様々な企画が進行中。ぜひご注目ください。

また、今年のIDAHOのテーマが決定しました。

今年のテーマは、

「あと10年たったら・・・」

です衝撃
 
不安定な社会情勢の中、
セクシュアルマイノリティであってもなくても、
今や誰もが「先のこと」が想像しにくい状況がありますが、
だからこそ、「あと10年たったら・・・」に想いをはせてみませんか?
 
※今年のメッセージ募集については、近日中に発表★

近日中に各地のスタッフ募集や、メッセージ募集など本格的に開始するかと思いますので、皆様是非ご参加ください。
 
また、現時点で、上の開催地でのスタッフを希望される方は
idaho_netアットyahoo.co.jp
までご一報くださいませ。

今年も「やっぱ愛ダホ!」のムーブメントをみんなで作っていきましょう☆

 
 
毎年5月17日は「多様な性にYES!の日」。
「やっぱ愛ダホ!idaho-net」では、2007年から毎年、
全国各地で「多様な性」を生きる人たちの声を届けてきました。
 
発足時には、東京・大阪のみでの取り組みだった「やっぱ愛ダホ!」もいまでは全国15箇所以上の街で取り組まれるムーブメントに展開しつつあります。参考:各地のとりくみ
 
想いや願いさえあれば、
どこにいても、だれでもメッセージを書くことができて、
そのメッセージを伝えたいという気持ちさえあれば、
少しの勇気でアクションができる――。
 
そんな「やっぱ愛ダホ!」の活動をこれからも続けていくために、
みなさんにできる応援のひとつが”募金”です。
2011年からは、これまでの街頭募金・イベント会場内での募金に加え、
銀行口座への振り込みの形でも、募金を受け付けることにしました。
数万枚規模で配られるチラシの印刷費などの活動費用に、
みなさんのお力をぜひ貸してください
 
募金はいくらからでも歓迎ですので、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いします。
 
【ゆうちょ銀行からお振り込みの方】
 
※店名・店番の入力、または記入は不要です
銀行振込先: ゆうちょ銀行 普通口座
受取先口座番号 :記号 14040 番号 6794351
受取先加入者名 :やっぱ愛ダホ!idaho-net
  
【他の金融機関からお振り込みの方】
銀行振込先: ゆうちょ銀行 普通口座
支店名 :408
口座名 :やっぱ愛ダホ!idaho-net
口座番号:0679435
 
※上記のとおり、ゆうちょ銀行からの振り込みと、ゆうちょ銀行以外からの振り込みでは口座番号が異なるので、ご注意ください。
※領収書は発行しません。ご了承ください。
※寄付をいただいた方のご氏名などを外部に公開することはありません。個人情報の取り扱いは厳重に行います。
※会計報告については、年に一度ブログに掲載させていただいています。
(参考までに:2010年の会計報告はこちら
 
=========================
 
 
 

Copyright © 5月17日は「多様な性にYESの日」! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]