忍者ブログ
International Day Against HOmophobia and Transphobia=IDAHOT=やっぱ愛ダホ!
2017/03月

≪02月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04月≫
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 2010年5月22日付、しんぶん「赤旗」に掲載されました!

(※)文中、瀬山一郎さんは「牧師」と記載されていますが、正しくは「神学校の学生」だそうです。ご指摘ありがとうございました。

(以下、記事文面)

同性愛や性同一性障害など「性的マイノリティー(少数派)はすぐ近くにいます。身近にいることを知ってほしい」―。16、17日、多様な性を認める社会をと、街頭アクションが東京、千葉、京都、愛媛、福岡など10都市で行われました。
 
 5月17日は同性愛がWHO(世界保健機関)の「精神疾患のリスト」からはずされた「国際反ホモフォビア(同性愛嫌悪)の日」。毎年世界各国でアクションが行われ、日本では今年5回目です。
主催は学生や若者中心に立ち上げたネットワーク「アイダホネット」。インターネットのよびかけに、全国で当事者や同じ思いの人たちが集まりました。
 
 千葉のアクションには、15人が参加。この日に向けて全国から寄せられた140通を超えるメッセージを読み上げると、チラシを見ながらじっと聞く人、「同性愛が病気だったなんておかしいよ。がんばれ」と声をかけてくる人もいました。
 
 千葉のよびかけ人の池田季美枝さん(37)は、「日本では法的に同性愛者はいないものとされています。存在を知らせて、地元の人たちの励ましになれば」と話し、女性同性愛者の経済的な厳しさについても訴えます。池田さんのパートナー、東小雪さん(25)は「この行動が悩んでいる人へのメッセージになれば」と話します。

 関谷隼人さん(19)は、「宣伝で仲間に出会って次の行動にうつった人がいたのがうれしい」と話します。熱心にチラシを配るのは瀬山一郎さん(52歳・牧師)。「相手が当事者かもしれないと思いながら丁寧に配っています」
 見守り隊として参加した女性(39)は、今年2回目の参加。「当事者の話を聞くうちに私もかかわらなければいけない問題だと感じました。一緒にいることで偏見もとれていく。少数派の人たちが安心して暮らせる社会は、多数派の人にも幸せな社会だと思います」
PR
2009年度の会計について、ご報告します。

「2009年度会計報告」


【支出】
チラシ等印刷関係      :25280
ステッカー等印刷関係   :30030
ボード作成         :27623
宅急便・郵送料       : 9860
道路使用許可         : 6300
乾電池              : 2189
交通費                : 3080
会場使用料            : 6000

支出計        :110362


【収入】
助成金        :100000
トークイベント参加費 : 25000
募金         : 20321

収入計        :145821

【収支】
35459 (黒字)

2009年度の「やっぱ愛ダホ!」では・・・
おかげさまで最終的に収支は35459円の黒字になりました!

来年以降も皆様のご支援をよろしくお願いします。
IDAHOアクション2009in浜松

小雨の中、浜松初の街頭アクションが無事終了いたしました。

今回のアクション、メンバー総勢10名ほどで
メッセージを読みあったり、チラシを配ったり、あっという間の
2時間でした。

チラシも400部あっという間にはけてしまい、
意外と若い子達が内容を見て受け取ってくれ、
にじの街浜松の将来も明るいなと思いました。

なによりもアクションに参加してくれた全員が
「とても楽しかった」と言ってくれた事が一番良かったと思います。

そして各地で一斉にアクションを起こしていると思うととても一体感もあり、
全国の仲間が1つになれたと浜松メンバーとうれしさを感じました。

アクションをしている途中にもセクマイのカップルが
偶然通りかかって連絡先を交換したり、
メンバーのブログを見て、仕事の休憩時間にわざわざチラシを
もらいに来てくれたりする子もいました。

今回は当日の街頭アクションの前に
「日本における同性愛と差別・偏見」というテーマで
風間孝さんを講師として迎え、府中青年の家裁判の経験を通じ
日本における同性愛嫌悪を考える講演会も企画しました。

硬すぎず、柔らか過ぎずとても楽しくお勉強ができました。
講演会でも普段あまり勉強会などでは参加率が少ない
女の子達が講演会に来てくれたり、
浜松での「にじの輪」が今回のアクションを通じてほんとうに広がりました。

という事で今回アクションに関わった浜松のメンバーを代表して
みなさん本当にありがとうございました。

さーくる@安場 世話人 大畑智矢

さーくる@安場
http://blog.goo.ne.jp/annba_annba_369/(blog)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=132968(mixiコミュ)
http://shizuoka.cool.ne.jp/anba/ (HP)
annba.info&gmail.com(お問い合わせ &を@に変えてください)
お待たせしました(!?)。新宿での街頭アクション(09)のレポートです!



5月17日、pm17:00。新宿駅の東南口は人でごった返していた。
 
事前にコクチしていたので、IDAHOアクションへの飛び入り参加・応援に15名以上が駆けつけていた。今年が3年目となる、「やっぱ愛ダホ!」新宿アクションは、年を経るごとに参加者が増えていく。去年みた顔もあれば、初めての方も、おそらく私たちの様子を見たくて駆けつけたのであろう遠くから見つめている方もいる。メッセージボードが吹き飛ばされそうな風。だけど、天気予報で心配していた雨はふっていない!
 
「ご通行中のみなさま、こんにちは!」
 
第一声をあげ、新宿街頭アクションがはじまった。
「一言メッセージを集めた紙が5時に届かない」というアクシデントがあったが、それもなんとか乗り越える。マイクをとおして、ひとつひとつ読み上げていく。北海道から九州、海外のメッセージもある。風に飛ばされそうになりながら旗をふり、ボードを押さえ、声をとどける。
 
おそらくは合計50名ほどの参加があっただろうか。
マイクでメッセージを読み上げる人たち。
チラシを配ってくれる方、旗を持つ方、私たちを見守っている方たち。それぞれがいろいろな経験をし、いろいろな思いをもって、「ここ」にいた。後日、このアクションを誰にも見つからないように遠くから見つめて、ずっと泣いていた当事者がいたと聞いた。最初から最後まで、2時間の間をずっと立ちっぱなしで聞いてくれている方には、アクションをやっている側も本当に心が支えられる。笑顔あり、涙あり、さまざまな気持ちに思いをはせる2時間が生まれた。
 
また、去年はじっと活動を見つめていたという方が、今年はマイクを手に持って話し出した。伝えたい思いで震えるような姿をみて、準備にも当日にも様々な課題はあったものの、「やっぱ愛ダホ!」の活動をしてよかったと思った。
 
昨年までと異なっていたことは、街いく人たちの反応だった。
どちらかといえば「立ち止まることに躊躇する人が多かった」のが去年。だが、今年はじっと足を止めてメッセージに聞き入る方。待ち合わせや喫煙所に集まったひとたちが、こちらに注目していることが多かった。街頭アクションに人垣ができていた。
 
話しかけると「最近友人からカムアウトをうけたので興味を持った」とか、「ずっと知りたいと思っていた。きっかけがほしかった」という性的多数派の人たちの声も伝わってきて、面白かった。様々な方たちの、それぞれの思いに「何かを届けられた」2時間だったのではないか、と思っている。メッセージを下さった方、参加された方、全ての関係者に深く感謝します。どうもありがとうございました。
 
【Date:新宿アクション】
トータル:2時間
チラシ:1200枚あまり配布。
スタッフ参加:50名。
ポップ記事にて掲載されました!

==========
性の多様さ、共に考える日
性的少数者ら各地で取り組み

5月17日の国際反ホモフォビアの日(IDAHO)にあわせ、各地でレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーなどの性的少数者や友人らによる取り組みが行われた。主催は「やっぱ愛ダホ!Idaho-net」。札幌、仙台、千葉、新宿、浜松、名古屋、大阪、甲子園、福岡では街頭行動が、愛媛では市民の思いを届ける「メッセージ展」が開催された。新宿では足をとめて聞き入る人の姿が目立ち、多様な性への関心の高まりを思わせた。

2009年5月23日版に載りました!
Idaho-net設立時から、毎年街頭アクションの取材をしてくださっています。
文章中の「10箇所」は正しくは9箇所になります(校正をお願いされたのに気がつきませんでした・・汗)。参加者へのインタビューも充実しています!

以下、紙面より。
==============

性の多様性認める あったかい社会を
~全国10カ所で街頭アピール~


「性の多様性にYES!」-。17日、同性愛者や性同一性障害など、 性的マイノリティー(少数派)への差別をなくそうと、街頭アピールが東京、千葉、大阪、愛媛、福岡など、全国10カ所で行われました。

この日は、同性愛がWHOの疾病リストから外れた「国際反ホモフォビア(同性愛嫌悪)の日(IDAHO)として、世界50カ所でアクションが行われ、日本では今年で4回目です。

JR新宿駅東南口のアクションには、インターネットなどを通じて50人以上の青年が集まり、プラカードや多様性を象徴する虹色の傘や旗を掲げながら元気にアピールしました。

「いろんな生き方があっていい。そんなあったかい社会をつくりたい」
「ただ一生添い遂げたい人が同性だっただけ・・・。認めて」
全国から届いた約150通のメッセージが読み上げられました。

真剣な表情で聞いていたさくらさん(34)は、1ヶ月前に友人に同性愛とカミングアウトされたといいます。
「びっくりしました。前は私にも嫌悪みたいな気持ちがあったけど、本を読んだりして変わりました。話してくれたことがうれしかった。友人が生きにくい思いをする社会は変えていきたいです。」と話します。

「なぜ先進国の日本で同性愛が不健全といわれてるの」と質問してきたのはイタリアの男性。イタリアでは1990年ぐらいからメディアでとりあげられ、同性愛者の権利が政治的課題になっているといいます。

「日本では教科書にも書かれてないし、政治家が古い枠組みを守りたくて、不健全だと決めつけている」と話していたのは鈴木純さん(31)。

「性的マイノリティーの人は人口の3%から10%はいて、クラスに一人か二人はいるといわれています。少しずつでも日本で理解が広がるようにしていきたい」

「周りには当事者といえない。でも今日来てスッキリした」 (20歳、学生)
「頑張ってる仲間がいるならここに来ようと思いました。」 (22歳、学生)

このアクションを企画した「Idaho-net」代表の遠藤まめたさん(東京農工大5年)は、「毎年参加する人も増え、開催する地域も広がっていて、手応えを感じています。一人で悩む人に仲間がいることを伝え続けていきたい」と話します。

仙台からの「やっぱ愛ダホ!」2009年のレポートです!


従事人数:スタッフ8名、飛び入りギター伴奏2名、前日までの準備に他1名
配布枚数:350枚

●青葉萌える季節の仙台。ちょうど青葉祭りという地元のお祭りと重なって、人出も期待していたのですが、青葉祭りのジンクス:雨に祟られてしまいました。

1年目がこうだったからって、IDAHO仙台のジンクスにはさせません。絶対に!(笑)
でも。ただでさえ初めての経験で不慣れなのに、この雨のせいで準備にも手間取ってしまいました。予定の12時を少し過ぎて、やっと第一声を発することができました。

●雨で道行く人の表情も曇りがちでしたが、そこに「こんにちは!」とだんだん慣れていった声がけをしながらのチラシ配布。傘や、ビーチパラソルや、ビニール袋での雨対策の中のメッセージリレー。アンケートボードを活用しての通行人とのコミュニケーション、そして、雨の中決行したテーマソングのお披露目など、予定していた取組みは、なんとかこなすことができました。

●IDAHO仙台には、地元東北の団体からの協力をいただくことができました。その皆さんを独自のパンフレット(A4の4つ折り)にて紹介させてもらいました。セクシュアルマイノリティー当事者中心で活動している7団体と、セクシュアリティー関連の活動をされている5団体です。当日は、これらの団体の方もいらしてエールを送ってくださいました。

●IDAHOのことを知って、ぜひ何かに使って欲しいと「テーマソング」を作曲してくださった方がいらっしゃいました。その話を聞いたときはもう5月になっていて、それからスタッフが作詞して練習して、というのはちょっときつかったですが、当日なんとか「発表」にこぎつけることができました。来年までには、ちゃんとみんなで歌えるように練習しなくちゃ!

●アンケート結果は
Q1.あなたの周りに性的少数者はいますか?
 いる…9人 いない…5人 自分がそうだ…7人
Q2.男らしさ・女らしさに違和感を感じたことがありますか?
 ある…11人 ない…10人
Q3.映画MILKを知っていますか?
 見た…4人 知っている…8人 知らない…9人
となり、なんと仙台では人口の3分の1が性的少数者!(笑)
雨の影響で、少数精鋭?!のアンケート回答となったのが悔やまれます。

●アンケートをしながら、たくさんお話ができた若いお友達2人連れ。
「私は『自分がそうだ』だよ」
「えー!じゃあ私は『いない』じゃなくて『いる』じゃん!!」
なんと、仲良しの2人の間でのカミングアウトの後押しをしてしまいました。
さわやかな2人の笑顔が忘れられません。

●さて、そんな様子だったIDAHO仙台2009街頭アクションですが、
1年目、初めての取組みということでの経験不足、準備不足が、いろんな所に出てしまったと感じています。でもその分、スタッフからは「来年はもっと○○!」と、前向きな提案しきり。じっくり準備して、より良いものにしていきたいと心はすでに、五月晴れのIDAHO仙台2010に...。

みなさん!その前にメッセージ展がありますよ!
6/1(月)~14(日) 仙台市市民活動サポートセンター 展示スペースにてこちらにもよろしくお運びください。

●仙台では近年、多様な性についての講演会などは数多く行われるようになりましたが、性的少数者が街頭でこれだけオープンに語るのは初めてでしょう。
地元紙一紙が報道してくれました。まだまだ地元マスコミの関心が高いとはいえない状況ですが、それも、今後の取組みの継続や周囲の協力により、確実に変わっていく手ごたえが得られたと感じています。

「まず、やってみよう!」で始まったIDAHO仙台2009
「今度はどんな風に楽しんでみよう」へと、スタッフの思いはそんな流れを作り出しています。
そして、その流れが、さらにたくさんの仲間に届いていきますように。

プロフィール
HN:
やっぱ愛ダホ!Idaho-net.
性別:
非公開
自己紹介:
5月17日は「多様な性にYES!の日」。「多様な性」を生きる私たちの声を届けるべく、全国各地でアクションを企画しています。本当のキモチを伝えられる社会に。
ブログ内検索
カウンター

Copyright © 5月17日は「多様な性にYESの日」! All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]